最近の出来事と日記を紹介しています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年第8戦 F1カナダGP
2010年06月14日 (月) | 編集 |
2010年6月13日、F1世界選手権第8戦カナダGPが行われマクラーレンのハミルトンが優勝、2位にはバトンが入りマクラーレンは今期2度目の1-2フィニッシュ!
3位には周回遅れに阻まれ順位を落としたアロンソが3位。

今回のレースではタイヤの磨耗が非常に激しく、どのチームもタイヤマネージメントに苦戦しておりましたが戦略が上手いマクラーレンが勝利を手にしました。

日本勢の小林は18位スタートでしたが、大きく順位を上げ9位まで上げるかと思った途端、最終コーナーでクラッシュしてリタイア。

ドライバーズチャンピオンシップは、ハミルトンが109ポイントで今期初のトップに立ち、バトンは106ポイントで2位、ウェーバーが103ポイントで3位に後退、アロンソが94ポイントで4位、ヴェッテルが90ポイントで一気に5位まで落とした。

コンストラクターズは、マクラーレンが今期2度目の1-2フィニッシュを決めたため215ポイントで1位、レッドブルが193ポイントで2位に後退、フェラーリが161ポイントで3位、メルセデスが108ポイントで4位となりました。

小林可夢偉は連続ポイントが期待されましたが、残念な結果となりました。
次回6月27日、ヨーロッパGPは市街地でザウバーのマシンには合わないサーキットですが何とか活躍して欲しいです。
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。